髪が生える仕組み|毛母細胞と毛乳頭細胞の関係

最近では、髪の毛の悩みを抱えている人が多いのですが、髪の毛が生える仕組みを知ることにより、自分なりのケアを行うことができるかもしれません。今回は髪の毛の仕組みを紹介するので参考にしてみてくださいね!

・毛乳頭と毛母細胞

毛乳頭って耳にしたことがある人も多いと思いますが、髪の毛に関する情報に対して敏感になっている人は、CMなどで耳にする機会も多いと思います。毛乳頭と毛母細胞は発毛に大きく関係していると言われていて、毛母細胞は毛乳頭から栄養や酸素を受けとって、養分として細胞分裂することにより、髪の毛が成長します。毛乳頭に栄養を届けるのが血液です。毛母細胞の活性化に成功すれば、髪の毛が生えて、頭皮の血流をよくすることにより、毛乳頭に十分な影響を与えることができるのです。

・ヘアサイクル

髪の毛の成長は、成長期、休止期、退行期というサイクルがあり、成長期には、毛母細胞が活性化しているので、髪の毛が成長します。休止期は、成長が止まっている状態です。退行期には髪の毛が抜け落ちる仕組みになっています。退行期の後は、成長期に入りこのサイクルを繰り返している状態です。

・毛母細胞は強い

実際に、薄毛の悩みやハゲの悩みを抱えている人は、毛母細胞に問題を抱えていると考えている人も多いのですが、きちんと対策を行うことにより、毛母細胞が活性化されて毛の再生が始まります。

実際に髪の悩みを抱えている人が多くなってる今の時代は、何よりも生活習慣を規則正しくするということを意識することにより、予防を行うことができて、頭皮への栄養も送ることができるようになりますが、不規則な生活をしている場合には、十分な栄養を送ることが出来ないために、髪の悩みを対策することは出来ません。日常の生活の中で規則正しい生活をまずは送ってみましょう。

また、育毛剤などを使っている人も多いのですが、頭皮の環境を整えることを考えることにより、血流をよくすることができるので、清潔に保つようにして、マッサージなどを取り入れることもお勧めできます。

その後に育毛剤などを利用するようにしましょう。多くの商品が育毛促進などと記載されていますが、商品だけに頼っていてもダメなので、生活習慣と自分なりのケアを行う事が何よりも重要なポイントと言えます。

このブログ記事について

このページは、take89が2016年6月27日 12:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「育毛剤カロヤンガッシュで髪が増える人、増えない人」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。