最近では、髪の毛の悩みを抱えている人が多いのですが、髪の毛が生える仕組みを知ることにより、自分なりのケアを行うことができるかもしれません。今回は髪の毛の仕組みを紹介するので参考にしてみてくださいね!

・毛乳頭と毛母細胞

毛乳頭って耳にしたことがある人も多いと思いますが、髪の毛に関する情報に対して敏感になっている人は、CMなどで耳にする機会も多いと思います。毛乳頭と毛母細胞は発毛に大きく関係していると言われていて、毛母細胞は毛乳頭から栄養や酸素を受けとって、養分として細胞分裂することにより、髪の毛が成長します。毛乳頭に栄養を届けるのが血液です。毛母細胞の活性化に成功すれば、髪の毛が生えて、頭皮の血流をよくすることにより、毛乳頭に十分な影響を与えることができるのです。

・ヘアサイクル

髪の毛の成長は、成長期、休止期、退行期というサイクルがあり、成長期には、毛母細胞が活性化しているので、髪の毛が成長します。休止期は、成長が止まっている状態です。退行期には髪の毛が抜け落ちる仕組みになっています。退行期の後は、成長期に入りこのサイクルを繰り返している状態です。

・毛母細胞は強い

実際に、薄毛の悩みやハゲの悩みを抱えている人は、毛母細胞に問題を抱えていると考えている人も多いのですが、きちんと対策を行うことにより、毛母細胞が活性化されて毛の再生が始まります。

実際に髪の悩みを抱えている人が多くなってる今の時代は、何よりも生活習慣を規則正しくするということを意識することにより、予防を行うことができて、頭皮への栄養も送ることができるようになりますが、不規則な生活をしている場合には、十分な栄養を送ることが出来ないために、髪の悩みを対策することは出来ません。日常の生活の中で規則正しい生活をまずは送ってみましょう。

また、育毛剤などを使っている人も多いのですが、頭皮の環境を整えることを考えることにより、血流をよくすることができるので、清潔に保つようにして、マッサージなどを取り入れることもお勧めできます。

その後に育毛剤などを利用するようにしましょう。多くの商品が育毛促進などと記載されていますが、商品だけに頼っていてもダメなので、生活習慣と自分なりのケアを行う事が何よりも重要なポイントと言えます。

最近では、沢山の種類の育毛剤が販売されています。その中で症状により合う人と合わない人がいるというのは頭に入れておくことが重要です。原因などで合う商品と合わない商品があります。今回はカロヤンガッシュについて紹介します。

第一三共から発売されている発毛促進剤のカロヤンガッシュの特徴は「昔から販売されているロングセラー商品」「大手製薬会社から販売されている」「ドラックストアや薬局で手軽に購入できる」ということが挙げられます。

しかし、カロタンガッシュを使ったから悩みを治すということができる人と、出来ない人がいます。カロヤンガッシュの特徴ですが、カルプロニウム塩化物という医薬成分が2%配合されています。こ成分は血管を拡張する作業を持っているので、カロヤンガッシュを使うことにより、頭皮の血管を拡張することが出来ます。その結果、頭皮の血行を良くすることにより、毛根に十分な血液を送ることが出来ます。そうすることにより、髪の毛を作り出す毛母細胞を活性化することができて、髪に元気を取り戻すことが出来ます。

カロヤンガッシュの効果は、頭皮の血行促進ということで、血行が悪いということが原因となっている人には効果的と言えますが、他の原因がある場合には、効果を十分に期待することが出来ません。

しかし、どんな商品でも同じです。合う人と合わない人は多いと思います。全ての商品がすべての人に効果的とは言えません。実際に、ドラックストアなどに販売されているので、早めに対策をと考えている人は注文する手間もなく購入して使うことで十分効果を期待することが出来ます。

しかし、深刻な悩みになってしまっている状態で使っても、頭皮の状態も血行が悪いという理由よりも深刻になってしまうので、少し気になるという時に使い始めることにより、効果は期待できると思います。

また、薄毛や抜け毛の原因が血行不良でない場合には、男性ホルモンなどの影響が考えられるのですが、男性ホルモンが原因となっている髪の悩みでカロヤンガッシュを使っても効果を得る事は出来ません。

血行不良が原因となっている悩みには効果を期待することができる商品ですが、原因が違う場合には、どれだけ使っても効果を得る事は出来ないのです。

発毛剤リアップは発毛剤としてもロングセラーとなっています。実際に効果を時間できて、悩みを解消することができたという人もたくさんいます。今回リアップについて紹介するので参考にしてみてください。

実際に、髪の悩みを抱えた場合、沢山の商品がありどの商品が効果があるのかわかりません。まず、発毛剤と育毛剤の違いも分かっていないまま使っているという人も多いと思います。

リアップの発毛剤と育毛剤どっちを使ったらいいの?と迷っている人も多いと思いますが、発毛剤は医薬成分が配合されていて、育毛剤は天然系成分で作られています。

発毛剤には、血圧降下剤として開発されているミノキシジルが使われていて、育毛剤は植物から抽出した天然成分が使われています。

リアップに配合されているミノキシジルは血管の拡張効果があり、発毛につながると認められています。医学的にも効果があると証明されている成分です。

気になる副作用

発毛剤リアップに関する副作用ですが、頭皮トラブルを招くことがあると言われていて、炎症が起きてしまったり、かゆみを発症する可能性があると言われていますが、重篤などは報告されていません。

しかし、注意点として、飲むタイプのタブレットは動機や低血圧などが報告されていますが、これは国内販売では内容です。

育毛剤には副作用が無いと安心している人も多いのですが、頭皮に合わない場合には、トラブルを招いてしまう可能性があります。また、入っている成分で違ってきますが、アレルギーなどを引き起こす可能性もあると言われています。

どんな商品でも同じですが、合えば問題なく使うことが出来ますが、合わない人は様々な症状を引き起こしてしまう可能性が出てきます。

また、リアップは10代の利用を禁止されていて、65歳以上の方も、薬剤師やかかりつけの医師と相談して使えるかどうか確認する必要があります。

髪の悩みはそれぞれですが、効果を時間するためには、まず、頭皮の状況を整えることが重要になってきます。リアップだけ使って悩みを改善に導くのではなく、きちんと食生活や生活習慣、ストレスなど日常の生活を見直すことも重要なポイントになってきます。悩みを商品だけで解決することは難しいので、日常で自分ができるケアや生活環境は見直して、原因を知ることも大事です。

気になるのは、髪の毛のはげは遺伝するのかということです。

自分の親や兄弟がはげていたら、自分もはげてしまうのではないかと感じると、気分が落ち着きません。

100%ではないのですが、髪の毛のはげや薄毛は遺伝します。

親や兄弟がはげていたら、自分もはげてしまうことが考えられます。

遺伝から、はげてしまうことはよくあることです。

自分は、遺伝だからはげは仕方がない!

と思い込んでいたら、さらにはげがひどくなってしまうので、遺伝でも髪の毛のケアーはやっていきましょう。

髪の毛のケアーをあきらめてしまうのはよくないね。

遺伝からはげてしまっても、正しいケアーをやったら、はげにくい髪の毛にできますので、髪の毛のケアーは十分にやっていきましょう。

最近では、髪の毛の育毛効果が高いいい商品が出ていますから、そういった商品を使ったら、髪の毛がはげることも遅くできます。

ちまたには、何種類もはげや育毛効果が高い商品が販売されていますから、積極的に使ってみてもいいですね。

髪の毛が薄くなったら、気にかけてカツラを使う人もいますが、カツラも使わない方がいいでしょう。

カツラにしたら、はげが隠せていいと思いますが、実際にはカツラでもはげは隠せないからです。

他の人から見たら、不自然になってしまうので、あなたがはげていることが余計に目立ってしまうからです。

産後の脱毛についてのウソ・本当

結婚して妊娠して、ママになったらハッピーです。

幸せな気持ちで、毎日を過ごしているでしょう。

子供が生まれたら子供に手がかかるので、自分のケアーが十分にできていないことが考えられます。

結婚してもママになってもきれいでいたいので、ママになっても自分のことにも手をかけていきましょう。

きれいでいるために、気になるのは育毛のことです。

女性の美に欠かすことはできないのはきれいな髪の毛ですから、ママになってもきれいな髪の毛にしたいです。

ママになったら、産後には髪の毛が少なくなったせいで、悩む方が増えていきます。

妊娠前は、髪の毛に全く問題がなかったのに、産後になったら急に髪の毛が少なくなる方は大勢います。

産後には、各種の体のお悩みになってしまうのですが、その中でも、髪の毛が少なくなるお悩みは多くの方が感じています。

何で、産後には髪の毛が少なくなる薄毛や脱毛のお悩みが多くなっていくのでしょうか?

産後には、女性のホルモンバランスが大きく乱れますので、体に今までは問題がなかったのに、急に問題になってしまうのです。

髪の毛が薄くなった以外にも、ニキビや肥満や肩こりや冷え症などの女性ホルモンの乱れから様々な症状になります。

もしも、髪の毛が少なくなったら、疲れて老けたイメージになってしまいますから、あなたも髪の毛が乱れないように、コンディションを整えていきたいものです。

産後の脱毛はだれもが経験することです。

「髪は毎日洗え!」

「いや、髪は1週間に1回くらい洗えば十分だ!」

洗髪の回数についての議論はいまだに盛んに行われていますよね。

ある説によると、髪の洗髪不足が抜け毛の原因だとさえされています。
その一方、真逆の意見を唱える人もたくさんいます。

「現代人は髪を洗いすぎている。」

「髪をそんなに洗うから抜け毛が増えるんだ!」

と唱える人もいるのです。

どっちが正しいか、その明確な答えはないですが、髪を滅多に洗わないホームレスや現代人ほど髪を洗わないインディアンがハゲているかといえばそうではないですよね。

洗髪が少ないことで抜け毛が増えるという説はこのホームレスやインディアンを見れば否定されるのです。

作家として有名な五木寛之は月に1回ほどしか髪を洗わないそうですが、
髪は見た通りフサフサですよね。

髪を頻繁に洗うか、頻繁に洗わないか、という議論に最終的な結論はありませんが、
髪を頻繁に洗っていない人でもしっかりと髪はフサフサであるってことは事実です。

髪はそんなに洗わなくても今すぐハゲるというワケではない。

逆に頭皮を洗いすぎると頭皮の状態が悪くなって抜け毛が増えやすくなるというのが正論なのです。

スカルプDに代表されるように育毛シャンプーが盛んにCMなんかで
放送されていますが、頭皮の状態が別に悪くなっていないのであれば別に使用するシャンプーを
気にする必要はないのです。

それよりも、

食生活を改善するとか、タバコをやめるとか、飲む酒の量を減らすとかってことを実践したほうがよっぽど髪にとっていいのではないでしょうかね。

今回は、最近巷で話題になっているLED光を頭皮にあてる発毛施術について語りたいと思います。

なぜ、こんな話をするのかと言いますとそれは最近レーザーブラシというものが
流行の兆しを見せているからです。

あなたは知っていますか?

レーザーヘアブラシと呼ばれるブラシがひそかなブームになっていることを。

形状はいたって普通のヘアブラシと同じなのですが、髪をブラッシングするための
ブラシではないとこと。

ブラシの突起面からLED光が発せられているのです。

そのLED光を頭皮に照射することで発毛効果があるとされているのが
レーザーブラシなのです。

で、

このレーザーブラシですが、特にインターネットをはじめとする媒体で
様々な噂が飛び交っています。

「本当に効果はあるのか?」

「光を当てたくらいで髪は増えるのか?」

ってことについて様々な意見があります。

・・・

先に結論から言っておきますと、LED光を頭皮に照射するってことは
発毛効果があるのです。

マウスを使った実験も実際に行われていて、LED光を照射することで発毛効果が得られることは
実証済みです。

誤解を招くのはそのプロセスをちゃんと理解していない人があまりに多いから。

光をあてることで発毛効果が得られるプロセスをカンタンに説明しておきますとこういうことです。

髪を作り出す毛母細胞というものがあるのですが、光を照射することで
成長因子IGF-1という物質がたくさん産出されます。

光の刺激が成長因子の産出に影響しているのですが、この光を当てることで
成長因子が分泌され、弱ってしまっていた毛母細胞が再び元気を取り戻し、髪の成長促進に一役買っているというわけです。

LED光をあてることで成長因子の分泌が活発化される

成長因子の分泌によって髪を作り出す細胞が活性化される

上記のプロセスがレーザーブラシによる育毛効果でうs。

このプロセスをちゃんと理解していないと光を当てたくらいで髪が増えるってことを
にわかに信じることはできませんからね。

いろんな情報が飛び交っていると思いますが、光をあてることで細胞が活性化されるってことはウソではありませんよ。

ここ最近、育毛業界の動向をチェックしているのですが、
この業界は昔から変わらず相変わらずだな・・・

なんて個人的に思います。
毎月といってもいいんじゃないでしょうかね。

新しい育毛関連商品が次から次へと出てきますからね。
"需要あるところに供給あり"

ってことを考えると、この業界というのはいわゆるコンプレックス市場ですからね。
需要というかニーズというのは永遠になくならないわけです。

毛髪関係のことに関してはこと男性特有の問題のように思われがちですが、
女性でおきかえて考えてみると美容関係の問題と置き換えればわかりやすいですよね。

美容の市場なんてさらにもっと大きいですからね。

で、これはちょっと思った育毛商品を今日は一つご紹介しておこうと思います。

それは何かというと、生薬を50種類くらい配合しているとうたっている育毛剤。
生薬育毛剤ワカとかいいましたかね。

(あまり詳しいことは覚えてはいないのですが、なんとなくそういった名前だったのを覚えています。)

業界の中では最多の育毛剤を使用していることで、育毛効果をうたった商品なのですが、
何も知識がない人からしてみればそれだけ多くの生薬が含まれているってことは髪にとっていいんじゃないか?

って錯覚するでしょうね。

でもね!

結論から先に言っておくとそんだけ多くの生薬を配合したって、結局育毛剤ってのは頭皮の上から塗布するものでしょ。それらの有効成分が頭皮から浸透して毛根にちゃんと届いてはじめて効果ってものが生まれるわけですよ。

ですが、

残念ではありますが、どれだけたくさんの生薬を配合したところでそういった成分というのは
頭皮の表目における角質層くらいで止まってしまって、それ以上奥へは入り込んでくれませんよ。

逆にいってしまえば、そういった育毛有効成分がすべて浸透してしまうくらいだったら、怖くないですか?シャンプーやリンス、コンディショナーといった化学成分がふくまれたものが頭皮の奥深くまで入り込んでしまうってことでもあるのですよ。

なので、

ちょっと酷な言い方ですが、たくさんの有効成分が配合されているからといって効果があるというのは違うのです。